「Corporate Innovation Symposium 2018」開催!


新たなテクノロジーやビジネスモデルが桁違いの速さで生まれ、これまでの常識が次々に覆される中で、企業は「持続成長」をいかに実現していくかという困難な課題に直面しています。

一方で、第4次ベンチャーブームともいわれる現在においても、社会のインフラとしての大企業の果たす役割が非常に大きいのが日本の特徴です。大企業が持つ資産を有効活用しながら、多様なステークホルダーとの有機的なネットワークを構築していくことが、持続成長のキーワードとなります。

Coporate Innovation Symposium 2018では、この過酷な環境を好機として捉え、イノベーション創出に果敢にチャレンジする東京電力グループの事例をもとに、持続成長実現のための新たな価値創造モデルについて、皆様と共に考察したいと思います。ぜひご参加ください。

 

開催概要

主催株式会社ICMG / 東京電力エナジーパートナー株式会社 / 東京電力パワーグリッド株式会社 / TEPCO i-フロンティアズ株式会社 / Greenway Grid Global Pte. Ltd.

名称 Corporate Innovation Symposium 2018
~大企業が主導する日本型イノベーションの最先端~
日時 2018年12月3日(月)15:00~18:30(以降、ネットワーキング)
会場 東京ミッドタウン日比谷 BASE Q(ベースキュー)
アクセスはこちら
後援 Clean Grid Partners Pte. Ltd. イノベーションパートナー  東京ミッドタウン日比谷 BASE Q 参加費 無料(事前登録制) 募集人数 150名
※お申し込み状況に応じて、募集を締め切らせて頂く場合があります。
プログラム 詳細につきましては、下記のプログラムか、こちらのパンフレットを参照ください。 お問い合わせ 株式会社ICMG(広報グループ)
TEL : 03-6858-3211 / E-mail : [email protected]

 

プログラム

14:30- 開場
15:00-15:20 オープニング(キーノートスピーチ)
「日本企業のKACHI(勝ち・価値)モデル
-SLIEモデル=Strategy,Leadership,Innovation,Execution力で勝つ-」
株式会社ICMG 代表取締役社長 船橋 仁
チャレンジテーマⅠ:大企業×ベンチャー企業によるコーポレートイノベーションの試み
15:20-15:40 基調講演
「TEPCOが目指す共創モデル ~電気・ガス、それから それから(電力からサービスへ)(仮)」
TEPCO i-フロンティアズ 代表取締役社長 兼 東京電力エナジーパートナー 常務取締役 田村 正
15:40-16:40 ピッチ + ダイアログ
ベンチャー企業3社によるピッチ + ダイアログ
16:40-17:10 パネルディスカッション
「大企業×ベンチャー企業によるコーポレートイノベーションの試み」
チャレンジテーマⅡ:成長するアジアにおけるイノベーションエコシステムへのチャレンジ
17:20-17:40 基調講演
「成長するアジアにおけるイノベーションエコシステムへのチャレンジ」
Greenway Grid Global 代表取締役社長 兼 東京電力パワーグリッド 常務取締役 今井 伸一
17:40-18:00 ケーススタディ1
「RE-Power Micro-Grid for Green Growth in Off-Grid Areas in Asia」
Atem S. Ramsundersingh, CEO/Founder of WEnergy Global and Director/Co-Founder of CleanGrid Partners
18:00-18:20 ケーススタディ2
「イノベーションネーション・シンガポールの最前線(仮)」
ICMGシンガポール ディレクター 辻 悠佑
ネットワーキング
18:30-18:40 ご挨拶
東京電力パワーグリッド 代表取締役社長 金子 禎則
18:40-20:00 ネットワーキング

Comments are closed.